【おすすめ記事教えます】-NCSブログを書く目的も改めて解説- | RECRUIT beyond 2021|株式会社日本通信サービス

HR BLOG

NCS人事ブログ

NCSの人

NCSを知る

社内レポート

【おすすめ記事教えます】-NCSブログを書く目的も改めて解説-

2021.8.25

 

こんにちは。

2019年末から約1年STOPしていた当社採用Blog。2021年1月~再開させての毎週更新から、はや8か月が経ちました。

 

(パチパチパチ)

 

 

 

更新こそ出来てるものの、たまに怠けて質素な内容になっている事は置いといて、

 

今では求職者をはじめ社内の方からも「Blog見てます」「楽しみにしてます」と多くのお声をいただくようになりました。ありがとうございます♪

 

 

 

 

 

しかしながら一つ気付きました

 

 

 

 

 

社内でも偉そうに「物事の目的を考えろ~」と言ってるにも関わらず、このBlogを書いてる目的を皆さんに共有できていない事に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

<m(__)m>

 

 

 

 

 

<m(__)m>

 

 

 

 

 

<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は懺悔の記事です<m(__)m>

 

 

【目的】を理解いただくことで、各記事を書いている意図や、会社の理解はより加速するはずです!

 

また、最後にはこれまで書いてきたBlogの中でも、特に反響の多かったBlogを紹介しますので、このページをブックマークしていただけると過去のBlogも遡りやすくなるはずです。是非ご活用ください。

 

 

 

 

 

▼目次

■Blogを書く目的

-物事の理解を深めて人生/キャリアをプラスに変換してもらう

-社内外問わず会社理解を深めてもらう

■各目的のおすすめBlog

-物事の理解を深めて人生/キャリアをプラスに変換してもらう。編

-社内外問わず会社理解を深めてもらう。編

 

 

 

それでは内容に入っていきます

 

 

>>>>>>>>>

 

 

 

 

 

Blogを書く理由

 

早速ですがBlogを書いている理由としては大きく二つあります。

 

物事の理解を深めて人生/キャリアをプラスに変換してもらう

社内外問わず会社理解を深めてもらう

 

それぞれ解説します。

 

 

①物事の理解を深めて人生/キャリアをプラスに変換してもらう

 

会社のBlogと聞くと、会社イベントや、広報要素のある内容に写真を交えながら・・

 

という企業様が多いですが、当ブログでは【仕事をするうえでの考え方】【仕事でぶつかる壁への予防策】【働くとは?ベンチャーとは!?】など社会一般論についても記事化 しています。(ちなみに会社の雰囲気などを写真を通してお伝えするのはInstagramを活用してます)

 

読者の中からご縁があり一緒にお仕事ができる人がいれば個人的には最高ですが、そうでなかった場合でも、ブログに触れていただいた人の何かプラスになれば…が最大の目的です。“日本通信サービスの情報”に偏りすぎていた場合、社外の人からすると「興味がない」で終わってしまう可能性があります。ですので、「誰かの勉強となるBlog」を目指して、(仕事をするうえで/生きていくうえで)必要かつ有益な情報を発信できるように努めています♪

 

まだまだ、私自身社会人としては6年目の身ですので拙い部分や知識不足の部分はあるかと思いますが、5年間でも他の同世代よりは自分なりに多くの失敗や経験はしてきたと思っているので、その中で学生~社会人3.4年目でぶち当たる壁を乗り越えるための情報はすでに一部記事化出来ていると思いますので最後に記載しているおすすめBlogを是非ご覧ください!

 

 

②社内外問わず会社理解を深めてもらう

もう一つの目的は【会社理解】です。

 

新卒中途問わず、就職活動の中で起こりやすい事…「ミスマッチ」

これが起きてしまう理由は様々ですが、“選考~入社間で、企業側と求職者側の相互理解が深まっていない”もひとつの理由として挙げられると思います。そこで「取り繕った会社情報の発信ではなく、より会社っぽく会社の事を発信する」を重要視して書いています。

 

取り繕わないためにも、オフィシャルサイトにしては少し棘のある言葉を使うこともあります・・・

 

そこであれ?と思うのであればそれがミスマッチだと思いますし、そこを超えても面談/面接に来ていただける、入社いただけることがこれから組織を大きくしていく一員として重要な事だと思っていますので、双方にデメリットのあるミスマッチは最大限防ぐ事も目指しています。

 

 

「棘のある言葉」に少し関わりますが実は、当社内では自社をCrazy Companyなどと揶揄する場面があります。これは本気で思っている部分でもあり【尖った少数派の組織】であり続けようとしています。

 

成長過程の当社には様々な課題があり、より大きな組織になるためにも「普通の会社っぽくなる」いわゆる組織立っていく必要も今現在あるとは思っています。しかしそれだけでは当社の強みは失ってしまう可能性があり、逆に成長を止めてしまう可能性もあります。どっちやねんと思うかもしれませんが、実際どちらも一理あるのです。

 

ですので尖った部分をマイナスとも捉えず、突き進む事で会社としての成長が突き抜けるところまで行きたいと思っています。

 

 

何が言いたいかというと書き手(私)の性格の悪さ、尖っている部分が過去の記事には出ているかもしれませんが、組織としても尖っていることは必要だと思っていて、そんな環境で尖った何かを創りたいと思っている人に来てほしいとも思っています。

 

 

目的に話は戻りますが、その一部をBlogで会社の考え/価値観をお伝えして、会社理解を深めてもらおう。というのが二つ目の目的になります。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

2つの目的についてはご理解いただけたでしょうか!?

 

 

 

その他にも様々な効果や小さな影響はあるかと思いますがベースは上記した二つで記事を書いていっています。

 

 

 

何か聞いてみたいな~

などあれば、社内の方は山村まで、社外の方はTwitterのDMよりご連絡ください♪

 

 

 

 

 

各目的のおすすめBlog

 

 

Blogの目的を理解いただけたところで本日(2021年8月25日現在)までの記事で反響の大きかったものをご紹介します!

 

文字数も多く読むのに時間がかかるかもしれませんが、ご期待ください♪

 

 

①物事の理解を深めて人生/キャリアをプラスに変換してもらう

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

 

就活/キャリアに役立つお得情報

「見返りを求めてもロクな事ありません」

 

★市場価値の計り方★

 

どう成功するかではなく「どう貢献するか」が重要な理由

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

 

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

就活に役立つお得情報

◆就活情報-大手とベンチャーの違い|人事ブログ

 

◆就活情報-ベンチャー企業はなぜ成長できるのか

 

◆就活情報-学生が就活で陥りがちなこと

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

 

 

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

その他

「バカとブスこそ、ベンチャーへ行け」人間の”飽き”の正体とは・・・

 

「好きな人の飼う不細工な犬は可愛く見えて、嫌いな人の可愛い犬は不細工に見える」(営業について)

 

【VUCA】今を生き抜く時代理解

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

 

 

 

②社内外問わず会社理解を深めてもらう
。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。
会社の価値観について

点と線と円とそのさきのはなまる

 

「この会社」から「君の会社」へ

 

【2020年振り返り】NCSの”強さ”とは!?

 

「誰とするか」がなぜ重要なのか・・

 

【仕事が楽しそうな大人が存在すると気付かせてくれた】4月~人事本部へ異動した4年目社員の声!

 

【前編】NCSがワクワクする理由

 

【後編】NCSがワクワクする理由

 

【創業10周年】NCS史から読み解く「今」と「これから」

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

 

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

社内制度や取り組みについて

★【NCS流新入社員研修】~全員本気で全員成長~

 

◆就活情報-ES(評価制度)と会社選びで大切なこと

 

★NCSが取り組む「1on1」~”居場所創り”について

 

◆就活情報-NCSの新卒採用選考が、面接ではなく“面談”なワケ

 

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。

 

 

 


 

 

 

それでは今後も

 

■Blogを書く目的

-物事の理解を深めて人生/キャリアをプラスに変換してもらう

-社内外問わず会社理解を深めてもらう

 

 

 

 

を忘れず、社内外皆さまにとってプラスになる情報を発信していきますので引き続きよろしくお願いいたします\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

 

 

 


 

 

 

日本通信サービス

↓クリックして各メディアへ↓